審美歯科の体験談 美容と健康

マウスピース矯正で切端咬合が治るのか挑戦してみた。金額はいくらなのか?

スポンサーリンク

切端咬合とは受け口の一種です。

 

Jolly
結論から申し上げますと、切端咬合はマウスピース矯正で治ります。

 

下の図を見てくださればお分かりでしょうが、切端咬合とは、上の歯と下の歯が噛み合う時に常にぶつかり摩擦を起こす歯並びなのです。

私は受け口と言うほどではなかったのですが、写真を撮った時やムービーを撮った時、笑っていても、下の歯ばかりが見えることにコンプレックスを持っていました。

 

 

 

 

 

出典

 

はっきりと受け口であったなら、【セットバック】と言う手法の整形手術を受けたでしょうが、微妙なトコだったのですよ。
「下の歯ばかりが目立ってても気にならないよ」と言ってくれる人もたくさんいたのですが、自分が嫌だと思ったならば、譲れません。直したいと考えちゃいませんか?

大工事終了後にマウスピース矯正へ

精密根管治療やインプラントの施術後、いちばんに希望していたマウスピース矯正に取り掛かりました。大工事が約2年かかりましたので、待ってましたの歯列矯正です。私の場合はマウスピース矯正でOKというお見立てでしたので安心しました。
というのも、セラミックを被せておりましたので噛み合わせやデザイン上、プラケット矯正をする必要がなかったのです。

子供のような理想的な歯列矯正はできないとは思いましたが、なるべくなら昔からのコンプレックスを少しでも解消したいと思ったのです。

インビザライン矯正と普通のマウスピース矯正

インビザライン矯正とは、矯正金具を使わずマウスピースオンリーで歯並びを綺麗にします。

  • かなり歯並びが悪くてもインピザライン矯正に使用されるマウスピースがしっかりと仕事をしてくれます。
  • 着脱が自分で出来、取り扱いも非常に簡単です。
  • どの歯列矯正も最初はじりじりと痛みを感じますが、慣れます。不思議なことに慣れてくるのです。
  • 見た目違和感なく過ごせます。
  • 半年もするとかなり歯が動いていてビックリするでしょう。
  • 毎月、歯科クリニックに行って調整してもらいます。
  • なのでほぼ毎月、違うマウスピースを使います。
  • 矯正の期間は各自により差があります。

普通のマウスピース矯正

私がやったのは、普通のマウスピース矯正です。
上記にも書きました通り、私の希望は切端咬合の悩みを解消するためであり、下の歯部分のみマウスピースを使用することになりました。下の歯の並びは凸凹でなく真っ直ぐだったので、インビザライン矯正は必要ないとの判断でした。
ミリ単位で何ヶ所かの歯を削り、マウスピースを被せて奥にしまいこもう!という作戦です。そうすれば、噛み合わすとき、上の前歯とぶつかることはないとの事です。

物理的に考えてあり!でしょう。納得です。
半年後、完成しましたのが下記の写真です。私の歯です。

切端咬合の悩みは解消されました。

私が施した普通のマウスピース矯正は約半年間で終了しました。

毎月、新しく作られたマウスピースに合うよう少しずつ下の歯を削って隙間を作ります。そしてまた違うマウスピースを被せる…。その繰り返しです。
もちろん、最初はじりじりと痛いですが、本当に慣れてきます。
そのじりじりした痛みにより、歯が動いている感を意識しますので痛くないと逆に心配になってくるんです。

気になるお値段は約30万円でした。

切端咬合のマウスピース矯正まとめ。

  • 私の場合は普通のマウスピース矯正で希望通り終了しました。
  • インビザライン矯正は極端に歯並びの悪い方に最適な矯正方法です。
  • 期間は半年、値段は30万円前後です。
  • 人によって値段と期間は変わります。
  • マウスピース矯正も最初は痛いが慣れてきます。
  • 長年悩んでいた切端咬合が直りました!
  • 見た目が気にならない方は、銀色ギラギラの歯列矯正がベストだと思います。(個人的にはそう思います)

The following two tabs change content below.

スポンサーリンク

-審美歯科の体験談, 美容と健康

© 2020 moreblog Powered by AFFINGER5